YouTube漫画動画の作り方「編集を完全外注で依頼」

YouTube・動画編集

はじめに

今回おすすめするBrainは、
マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム
です!

こちらはアドセンスメディア、アフィリエイトメディア、YouTubeチャンネルを複数運営している“hikoboxi”漫画動画の制作から運営・外注までのノウハウになります。

hikoboxiさんは実際にYouTubeの漫画動画で月に100万円以上を売り上げている実力者です。

具体的な内容

漫画がかけなくても運営できるYouTubeアカウントの収益化までのロードマップがこのBrainの主な内容です。

チャンネル作成までの全ノウハウに加えて、必要になってくる文章もコピペで済むようになっているなどわからなくなる部分がないほど作り込まれた内容となっています!

これ1つ読むだけで、漫画動画系YouTuberへなれるような完全なスターターパックです。

ただし、外注化をする際には30万円は必要になりますので、新規事業費用として30万円を投資できない人にはおすすめできません。

おすすめポイント

まずそもそも論として、YouTubeに今から参入するとしたら漫画動画が最も効率よく成功できると言えるでしょう。そのうえで、属人性が皆無なので外注ができ、担当が変わっても続けることができます。

さらに、別のチャンネルを開設することで収入を倍増させていくことも可能となっているので、この1つのノウハウを学ぶだけでかなりのメリットがあると言えそうです。

また、これ1つで外注化までのノウハウまで学べてしまう上、必要なことはコピペで済ませられるレベルまで研ぎ澄まされているので初心者でも困ることはありません。

まとめ

戦略的にYouTubeを行っていき、自動的に収益を生むシステムを作っていきたい人には非常におすすめなBrainです。

また、あらゆるメディア運営で”外注“というのは重要になってきます。YouTube動画での外注化を学ぶことで、他のメディアにも活かすことができるので幅広く事業展開をしていくサポートにも成りうるでしょう。

10部売れていく毎に販売価格を倍にしていくそうなので、気になる方は早目にチェックしてみると良いかも知れません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました